国語読解で「なぜですか」という問いばかり与えるのは愚かだ

軽井沢にて撮影

入試読解ではおおむね、「なぜですか」「どういうことですか」「どう違うのですか」の順に出題率が高い。

しかし、思考技能トレーニングとしての重要度順にすると、「どう違うのですか」「どういうことですか」を優先すべきであり、「なぜですか」はその後にくる。

「違い」の認識(対比関係整理)なくして、「理由」を説明(因果関係整理)することはできない。で、対比関係整理のためには「言いかえ」(同等関係整理)が不可欠。

結局、「なぜですか」という問いは、総合問題中の総合問題だということになる。

国語読解とはそもそもが呆れるほどの総合問題だが、その中の最も総合的な問いが、「なぜですか」である。

要するに、「なぜですか」という、総合的でハイレベルな問いばかり与えていたら、国語力は育たないということだ。

言いかえるくらべる」が先で、しかるのちに「たどる」なのだ。

これ、重要な話。

 

初出はこちら

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-25

    メルマガ/最新情報 授業したての三段論法基礎トレーニング問題17個とその指導法

    有料メルマガ「ふくしま式で文学・評論を読み解く!」は 2018年2月に創刊2周年となりました。 …
  2. 2018-4-14

    本/最新情報 累計発行部数 591,200部!

    『「本当の聞く力」が身につく問題集[小学生版][CD&音声DL付]』2018年2/15発…
  3. 2018-2-12

    福嶋隆史の教育論

    教育にまつわる種々の主張をアップしています。このページは全体の「目次」にあたります。 ▼教育関連:…
  4. 2017-7-28

    福嶋隆史の連続ツイートまとめ

    福嶋隆史の連続ツイートまとめ 比較的重要度の高い「トゥギャり」をこちらにリストアップしています(投…
ページ上部へ戻る