過去問は5年分やれば十分。ただし条件がある。

川崎大師にて撮影
  • 入試過去問。十数年分くらいに渡って幅広く解く必要があるかといえば、そうでもない。
    解法の定着弱点の克服には、5年分くらいを順繰りにリピートして解くほうが有益。
  • 国語において一番無駄な勉強の仕方というのは、「一度解いて終わり」というやり方。読解問題というのは、解くたびに発見があるのだから。
    10回解いたら10回分の発見があるし、20回なら20回分の発見がある。それが文章というもの。読解というもの。
  • どうしても十数年分やりたいのなら、まず直近5年分を3回ずつやって弱点と解法とを見出してからにしてほしい。それを活用して、他の年度のものを解けば、価値がある。
    解法を意識せずにいくら数を解いたって無駄
    で、実際は5年分を3回解く以上の時間はとれない。だからそれで十分。
  • へと転換していくポイントというのはスポーツであれ勉強であれ存在するけれども、そのポイントは遠い。絶対的な量が必要。
    それは年単位で積み重ねるものであって、2,3ヶ月間の過去問対策などという範囲で目指すものではない。
  • 「15年分」とかいう過去問集を買うと、全部やらなきゃ損という気分になるのは分かるが、やったからといって何が得られるのかを冷静に考えるべき。
  • 再度書くが、同じ問題を何度も解くべき。国語に限ったことではないが、特に国語ではそれが重要。やってみれば分かる。
    たとえばある過去問の答案に対して塾の先生にアドバイスをもらった、そこで理解したつもりだった、でも再度解いてみたら、ほとんどできなかった、そういうことはザラに起こる。

元ツイ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-1-20

    本/最新情報 累計発行部数 567,200部!「聞く力」問題集、予約受付開始!

    アマゾン予約受付開始! 『「本当の聞く力」が身につく問題集[小学生版][CD&音声DL付]』201…
  2. 2018-1-8

    メルマガ/最新情報 有料版最新号に桜蔭2015ふくしま式解答を掲載中!

    有料メルマガ「ふくしま式で文学・評論を読み解く!」に 桜蔭中学校 2015年過去問のふくしま式解答…
  3. 2017-11-12

    mine(マイン)全リスト

    福嶋隆史の教育論考――とりわけ国語教育の枠を越えた教育全般についての論考を掲載。 mineは、株式…
  4. 2017-10-24

    福嶋隆史の教育論

    教育にまつわる種々の主張をアップしています。このページは全体の「目次」にあたります。 ▼教育関連:…
  5. 2017-7-28

    福嶋隆史の連続ツイートまとめ

    福嶋隆史の連続ツイートまとめ 比較的重要度の高い「トゥギャり」をこちらにリストアップしています(投…

スマホでも見られます

スマホの場合、まずは右上の「menu」をご利用ください。

ページ上部へ戻る