読売新聞2019.12.5一面トップの見出しはまさに「一文力」の問題だ!

読売新聞2019.12.5一面トップ

読売新聞2019.12.5一面トップをごらんになりましたか。
「この公園には滑り台をする」。
この見出しおよび冒頭に書かれたことは、まさに、私の本『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[一文力編]』の内容です(詳細はこちら)。
忘れてはならないのは、この記事冒頭の例は高校生の話だということ。
一文をいかに正しく書くのか。
あるいは、いかにして「書けているつもり」に気づくのか。
この課題は、小学生に限らず、中高生、いや大人になるまでずっと続くのです。
「一文を書けない子」に悩む先生方にもきっと役立つであろうこの本を、この機会にぜひ入手し、活用していただきたいと思います。

新聞紙面の画像は著作権保護のため読みづらくしてあります

クリックでPDFデータへ

クリックでPDFデータへ

クリックでPDFデータへ

クリックでPDFデータへ

クリックでPDFデータへ

 

関連記事

ページ上部へ戻る