非在籍者のための単発授業(3月以降実施未定:新型コロナウィルス拡大のため)

横浜・象の鼻

単発授業第3回固有情報

(共通情報はこちら!)

大好評の単発授業ですが、残念ながら第3回にて休止中。新型コロナウィルスの感染が収束する頃に、また再開します。その日を、どうぞお楽しみに。

  1. 月日……2020/ 未定
  2. 対象…… —–(異学年同席)
  3. 参加費……10,000円(税込)
  4. 定員……12名
  5. お申込……共通情報のページに、フォームへのリンクがあります。
  6. 現在のお申込状況:
    • 年生…… –名(男子-,女子-)
    • 年生…… –名(男子-,女子-)
    • 年生…… –名(男子-,女子-)
    • なぜ異学年同席授業が成り立つのか?→こちら
    • 地域別…… —
    • 参加パターン……A -名/B -名/C -名/D -名/E -名/F -名
      • A)授業を参観します|説明・相談会に「子+保護者」が参加します
      • B)授業を参観します|説明・相談会に「保護者」のみ参加します
      • C)授業を参観します|説明・相談会には参加しません
      • D)授業を参観しません|説明・相談会に「子+保護者」が参加します
      • E)授業を参観しません|説明・相談会に「保護者」のみ参加します
      • F)授業を参観しません|説明・相談会にも参加しません

これまでの記録

  • 第3回(2020/02/16)の記録
    • 対象:小4~6/定員:12名/参加:11名(申込13名,2名キャンセル)
    • 小3…2名(男1,女1)/小4…3名(女3)/小5…3名(男1,女2)/小6…2名(男2)(他1名は保護者のみ参加)
    • 東京都(区部 5名)/神奈川県(横浜市 3名,川崎市 1名,藤沢市 1名)/茨城県 1名
    • 参加パターン……A 7名/B 2名/C 2名
    • 授業内容:類似したものごとの相違点を書く短作文(7つの観点などを用いて独自性を高める考え方)
  • 第2回(2020/01/19)の記録
    • 対象:小4~6/定員:12名/参加:12名(申込14名,2名キャンセル待ち)
    • 小4…3名(男2,女1)/小5…8名(男5,女3)/小6…1名(男1)
    • 東京都(区部)1名/神奈川県(横浜市 6名,川崎市 2名,藤沢市 1名,横須賀市 1名)/茨城県 1名
    • 参加パターン……A 10名/B 1名/C 1名
    • 授業内容:中学入試から東大入試まであらゆる読解に頻出の「どういうことか」という問いを攻略する(比喩の言いかえ記述)
  • 第1回(2019/12/01)の記録
    • 対象:小4~6/定員:14名/参加:14名(申込14名)
    • 小4…6名(男4,女2)/小5…7名(男5,女2)/小6…1名(男1)
    • 神奈川県(横浜市 6名,川崎市 2名)/東京都(区部 2名,市部 2名)/静岡県 1名/茨城県 1名
    • 参加パターン……A 12名/B 1名/C 1名
    • 授業内容:平易な物語文を「対比的心情変化」の型で要約する(50字)

関連記事

ページ上部へ戻る