進級,進学おめでとう! おすすめ国語系辞典特集!(小学高学年以上)

ふくしま国語塾 主宰・福嶋隆史の本棚から、有益な国語系の辞典をいくつかご紹介!

  • ① ベネッセ 表現・読解 国語辞典

    中高生にイチオシ。まさに、表現・読解に役立つ構成。国語学習に直結する1冊。普通の国語辞典でありながらも、評論に出てくる抽象的なキーワード等についての個別コーナーを随所に設け、大変分かりやすく整理している。私・福嶋はこれを、塾と自宅に1冊ずつ置いている。そして、生徒に頻繁にすすめている。



    ↑重要語・表現チャート・漢字部・機能語部(接続語、文末表現、助詞,助動詞等)・敬語表現部、など内容豊富!!
    漢字部は、漢和辞典がいらないくらいの充実度。機能語部も、非常に分かりやすい。ページを写真に撮ってスマホで見直したくなるくらいの貴重さ。

  • ②-1 新明解国語辞典 第七版

    独特な語釈で有名な、言わずと知れた名著。そう。これは、辞典の形式をとった名著である。一般に、語釈は客観的でなければならない。しかし、この辞典はギリギリまで主観を込めて書かれている。この辞典だけを使うのではなく、他の辞典と併用すると、なお価値は高まる。これも、塾と自宅に1冊ずつ置いている。

  • ②-2 新明解国語辞典 第七版 特装青版

  • こんな解説書類までもが出される辞典など、そうそう存在しない。新明解国語辞典。

  • ③ 現代新国語辞典 改訂六版

    東大教授・沼野充義氏が絶賛する辞典。本質に迫る語釈、そして、新語・外来語・俗語を積極的に取り込んだ1冊。氏いわく、「これはひょっとしたら、文学最後の牙城ではないだろうか」。

  • ④ 哲学用語図鑑

    小難しい哲学用語を、きわめて簡単に、かつ正確に、ライトなタッチのイラストと、短いフレーズでまとめ上げている1冊。この本が売れてから、同じようなタッチのロゴを用いたカバーの本が次々と書店に並ぶようになった。私はこれも、塾と自宅に1冊ずつ置いている。そして、生徒にすすめている。ある高校生女子は、すすめられたとおりに購入し、「すごく分かりやすい」と感想を述べていた。

  • ⑤ 広辞苑 第七版

    言わずと知れた、国語辞典の帝王。クイズ番組ではたいてい「広辞苑に載っている……」というのが根拠になっている。高価かつ分厚いが、手元に置いて損のない1冊。

  • ⑥ 漢検 四字熟語辞典 第二版

    国語の勉強には国語辞典だけあればいい? いえいえ。こういう本も、必要です。ぜひ1冊、書棚にほしいところ。

  • ⑦ 基礎日本語辞典

    私・福嶋が本を作成するときによく参考にしている1冊。和語(訓読み言葉・大和言葉)の「ニュアンス」を図示して徹底解説いるのが特徴。読んで納得、見て納得。TOSS代表・向山洋一氏も絶賛。

 

関連記事

ページ上部へ戻る