小学校教育が危ない!


学校教育のあり方に疑問を持っている先生方や保護者の方々必読。

5年間の小学校教師経験を凝縮して書き上げた痛快教育批評。

「小学校教育が危ない!」は、私・福嶋隆史が、小学校教師を辞した直後の2006年4月から2007年10月までの1年半の間に毎週書き続けたメルマガのログです。

ここにある大量の原稿を新書等で書籍化してくださる出版社の方、ご連絡ください。喜んでお力になります。

リンク先は旧サイトになっています(末尾がcom)。先々、読みやすい冊子にして販売予定。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-7

    アクティブラーニングは自分至上主義にすぎない

    2017/8/5夜~8/6未明のツイートまとめ: アクティブラーニングを愛している人たちは、子…
  2. 2017-9-10

    「考える授業」と「考える力を伸ばす授業」は異なる

    世の中の「考える力を伸ばす授業」と呼ばれるもののほとんどは、考える力を伸ばさない。 それは単に…
  3. 2017-12-3

    アクティブラーニングは「3つの構造的限界」によって学力が育たないようになっている(序)

     テレビの報道番組などにおいて教育に関するテーマがとり上げられるとき、キャスター・アナウンサーは、ど…
ページ上部へ戻る