新型コロナウイルスへの対応について&コロナ情報リンク集

ある日のダイヤモンドプリンセス

欠席についてのページも必ずご確認ください/新型コロナワクチン接種済証

  • これまでの対応の経緯:降順
    • 下記以降は感染状況に応じ、教室授業(=対面オンライン同時並行授業)と完全オンライン授業を随時切り替え中(カレンダーに詳細あり)
    • 2020年10月……対面オンライン同時並行授業開始
    • 2020年7月下旬~9月末……完全オンライン授業
    • 2020年5月最終週~7月中旬……対面授業のみ
    • 2020年3~5月下旬……長期間休講措置(授業動画提供)

通塾生(対面受講生)のみなさんへ

  • 「自身の平熱より0.5度以上高い」かつ「37.0度以上である」場合、「オンライン受講に切り替え」「欠席」のいずれかを選択してください。参考:テルモ体温研究所
  • マスクの隙間を減らしてください。極力、不織布マスクを使用してください。

対面授業における具体的な感染予防策

  • 常に細心の注意を払い、遠慮なく指導を行い、感染リスクの徹底排除を心がけています。
  • 通塾生に対し、有症時の「欠席」または「オンライン受講への切り替え」を勧告しています。
  • 通塾生に対し、マスク着用と、入室前の石鹸での手洗い及び消毒を義務づけています。
  • 通塾生に対し、授業開始時の検温を行います。体温が高い場合は保護者様に連絡したうえでお迎えを依頼、または帰宅させます。
  • 指導者もマスクを常時着用の上、手洗い・消毒を徹底しています。
  • 生徒の机上や椅子のレバー等、生徒が触れる可能性が高い場所は全て事前に消毒しています。
  • 2箇所の窓を開けてサーキュレーターを設置し、片方から吸気、片方から排気することで、強制換気しています(下記写真参照)。かつ、機械換気常時ONにしています。ただし、真冬は寒くならないよう換気具合を調節します(あわせて加湿も強力に行っています)。
  • 一斉指導時、指導者と生徒の距離を保つよう、座席の位置を工夫しています(下記画像参照)
  • 個別指導時用の机にはアクリル板を設置しています。

ふくしま国語塾の新型コロナ対策は万全です!(並んで座ったときの生徒間距離は1m)

サーキュレーターで1つの窓から吸気、もう1つの窓から強制排気。もちろん機械換気は常時ON。虫予防の網と虫除けバリアも設置。(雨天時や真冬は換気具合を調整します)

コロナ関連情報リンク集

ワクチン関連

全般情報

関連記事

ページ上部へ戻る