2022年の記録(随時更新)

2022年初富士withマリーンルージュ/大さん橋から撮影

↑初富士の元画像

自身の周囲のできごとから日本~世界の社会情勢まで随時記録。
2020年2021年

年頭所感

  • 慣れは怖い。マスクに慣れる。人と会わないことに慣れる。感染者数に一喜一憂する生活に慣れる。どれも、警戒が必要だ。
  • マスクをするのがマナー。本当だろうか。マスクは表情を隠す。初対面の人と会うのに、マスクをするのが本当にマナーなのか。むしろ外すことこそがマナーだったのではないか。菅義偉首相(当時)がバイデン大統領と初めて会ったときも、ワクチン接種済の両者が、完全にマスクで対面した。そんなことがあっていいのか。大国のリーダーの初対面が、マスクだなんて。この異常性を、忘れてはならない。もちろん、社会的コンセンサスが得られていない公共の場で傍若無人にマスクを外せと言っているのではない*。マスクは本来人間関係を阻害するものだということを自覚し、マスクを外すことへのコンセンサスが得られる社会を目指さなければならない。そう言っているのである。ある統計では、コロナ禍が終わってもマスクをしていたいという意見が日本人にはかなりあるらしい。冗談じゃない。
    *たとえば当塾では今のところマスク必須としている、残念だが(対策詳細
  • 人と会わないオンライン授業やテレワークは、本来の人間のあり方ではない。オンラインの形式的なメリットに目を奪われてはならない。五感を共有して人間が関わり合う中でしか、よりよい人間関係、よりよい社会を築くことはできない。もちろん、オンラインは一つの選択肢として活用すべきである。しかし、それが本来の姿ではないことは、いつも念頭においておくべきである。
  • 感染者数に一喜一憂する生活。これも馬鹿げている。もちろん、2021年夏のデルタ株流行の頃までは、致し方ない面もあった。しかし秋~冬には日本人の8割が2回のワクチン接種を済ませた。日本人に特有の強み、いわゆるファクターXもある(キラーT細胞の活性化しやすさ:理研によって一部が判明した)。そのおかげか、9~12月は希望のもてる状況だった。ところが年の暮れから日本にもオミクロン株とやらが侵入し、また人々が――市民から政治家まで誰もが――不安と焦燥感に駆られ始めている。しかしオミクロン株は毒性が弱い。これはもうほぼ確実だ。その弱毒性について各国から日々報告が上がる中、いったいいつまで我々は「同じこと」を繰り返すつもりなのか。元凶の1つは「感染者数」だろう*。感染症法で全数把握が義務づけられているからこそそれが日々発表されることになる。定点把握にする、重症者数・死者数だけにする等、工夫が必要だ。そろそろ「感染症法上の分類の格下げ」に踏み切るべきだろう。オミクロンの弱毒性はその根拠になりうる。まあ私自身もこの「格下げ」については懐疑的ではあったが、それは昨夏までの話。今は異なる。蔓延防止等重点措置だの緊急事態宣言だの「同じこと」をいくら繰り返しても〈社会〉は取り戻せない。ワクチンを打たないことを選択し重症化しやすいままでいる一部の〈個人〉を守るために、〈社会〉を犠牲にしてはいけない。私たちは、できる限りの声を上げていかなければならない。
    *感染者数は世間のさまざまな動向の要因になっているため、このページには記録として残していく。が、本来はもはや重要でない指標である。
  • 01/01 今年こそコロナ禍=パンデミックとサヨナラしたい。あの日常を取り戻したい――。誰もがそう強く願う1年が始まる。
  • 01/04 去年の10/06以来、約3ヶ月ぶりに全国感染者数が1000人を超えた(1268:東京151,大阪124,沖縄225)ということで、ちょうど今日・月曜日から放送再開となった夜の報道番組が軒並み、喜々として煽り始める。
  • 01/07 [国語塾]2月末までをめどに完全オンライン化することを決定。ただし第1の理由は、教室環境(換気のために窓を開けると室温低下・湿度低下を避けられない)。オミクロンの嵐が去るのを待つのは、第2の理由(オミクロンはただの風邪だが「ただの風邪」も罹患しないに越したことはない)。
  • 01/09 沖縄・山口・広島で蔓延防止等重点措置が開始。
    • オミクロンはただの風邪。デルタまでは確かに警戒すべきだったが、オミクロンはただの風邪。と同時に、オミクロンの感染力はマンボウだの緊急事態宣言だのでは抑えられない。
    • 批判を恐れ「慎重」の呪縛から逃れられない政府と知事、そろそろ目を覚ませ。
    • 日本人は制限されなくても自ら対策をとる。頼むから、マンボウだの緊急事態宣言だの、やめてほしい。
  • 01/10 政府、外国人の入国禁止の水際強化措置を2月末まで継続する方針を固める(TBS
    • 愚かすぎる。国内で既に陽性者が爆発的に増えている中で「水際」とはなんぞや。三浦瑠麗の言うように批判を恐れているだけの政府、情けなや。
  • 01/11 岸田総理就任100日記者会見(ANN)
  • 01/15 トンガの「フンガトンガ・フンガハアパイ火山」で、1000年に一度レベルの大規模噴火。1/16、日本やアメリカにも津波が到達。しかしこの津波は、通常の津波とは異なり、空気の振動にともなうものらしい。気圧も変動した。
  • 01/18 国内感染者数が過去最高更新、しかし多くは無症状・軽症ゆえ恐るるに足らず。過剰な規制をやめさせるべく声を上げなければならない。

    yahoo!より

  • 01/21 蔓延防止等重点措置が東京・神奈川等にも今日から追加となり現状16都県
  • 以降随時更新

 

 

2022年初富士

関連記事

ページ上部へ戻る