詳細:欠席


欠席・遅刻について

通塾生とは「対面授業を受けている生徒(対面受講生)」、オンライン生とは「オンライン授業を受けている生徒(オンライン受講生)」のことです。

  1. 【切り替え】体調不良等により対面授業に出席できない場合は、オンライン受講に切り替えることができます(メールにてご連絡ください)。「咳が出ている」など明らかな症状がある場合は、躊躇なくオンライン受講を選択してください。なお、新型コロナ蔓延期や一部災害時(暴風雨・大雪等の際)は「完全オンライン」に切り替えることがあります。
  2. 【欠席時連絡】オンライン受講もできない場合は、欠席扱いとなります(メールにてご連絡ください:メール記載必須事項……生徒氏名、欠席月日、欠席理由)。
  3. 【欠席時対応】欠席時、振替・返金等は原則として行いません一部災害(大地震等)による休講時も同様です(災害時の対応)。
    1. 振替をしない理由……振替を行っても、振替先の受講枠とその前後の本来の受講枠との間で学習内容が重なってしまいます。また、その結果、その生徒だけが「今日扱う課題の答えを知っている」という現象が起こり、非常に授業がしにくくなります。また、振替は安易な欠席の要因にもなります。
    2. オンライン授業を欠席した場合、その録画を見ることはできません(安易な欠席を防ぐため)。なお、「受講を身構えていたが機器トラブル等により参加できなかった場合」に限り、録画の視聴ができます(zoomの仕様上、短期間しか閲覧できません)。
  4. 【コロナ陽性時】通塾生が新型コロナウイルス陽性となった場合、直近の1回のみオンライン受講に変更していただきます(同居親族が陽性となった場合もこれに準じます)。なお、生徒の属する学級が学級閉鎖中であっても、生徒本人が望む場合は来室してかまいません。ただし、直前まで注意深く体調を観察し、マスク着用の上で出席してください。
  5. 【過度の欠席】過度の欠席は強制解約規定規約参照の適用対象となりえます。無断欠席にも厳しく対処しています。
  6. 【遅刻】遅刻についても欠席時と同様メールにてお知らせください(電話は極力避けてください)。遅刻が見込まれる場合は、その時点で必ずご連絡ください。連絡なしの遅刻は他の生徒に迷惑が及びます(状況確認のため、授業中に、本人または保護者様に対しメール・電話をしなければならないため)。
  7. 【連絡方法】お子様がお1人で電車通塾をしているケースなどでは、保護者様経由ですと連絡が遅れます。お子様本人から直接連絡できるよう、お子様の携帯電話に当方のメールアドレスと固定電話番号を登録するようにしてください(携帯がない場合も、公衆電話からかけられるよう番号をメモしておくなど、準じた対応をお願いします)。
  8. 【予定休講】1ヶ月以上前に告知する「予定休講*については、カレンダーへの掲載及び保護者宛一斉メールによって行います(*春期、夏期、年末年始の休講、および、主に曜日ごとの授業数調整のため臨時に設定される休講等)。
  9. 【指導者病欠等】万一、指導者(福嶋)の都合(病気・他)で急に休講になった場合は、保護者様および生徒に不利益がないよう、適宜対応します。
  10. 【定期試験】中高生(または小中一貫校の小学5・6年生)が、「定期試験期間中(期間前)であること」を理由に欠席するケースが見受けられます。当塾では、定期試験のたびに欠席することのないよう指導しています(欠席できないわけではありませんが、極力休まないように指導しています)。定期試験のたびに欠席していると最大で年間5回の欠席になり、学習の連続性が失われます。また、いわゆる「休み癖」がついてしまい、他の軽微な理由でも休みたくなってくるのです。何も良いことはありません。定期試験とは、試験前や試験中ではなく通常時から対策をとるべきものです。本当の意味で定期試験を重視している生徒は、前もって対策を積み重ねておくはずであり、付け焼き刃の勉強・一夜漬けの勉強に頼るようなことはありません。ゆえに塾にも普段どおり通うことができます。逆に言えば、定期試験中(前)だからといって塾を欠席するような生徒は、本当の意味で定期試験を重視していないわけです。こうした理由での欠席が多い場合、退塾(解約)を勧告することがあります。くれぐれもご注意ください。
  11. 【学習内容を補う】欠席した授業がどんな内容だったかについては、まずこちらで確認してください。より詳しく知る必要がある場合は、メールでお問い合わせください。特に「次週も続けます」などと書かれている場合は、自らしっかりチェックしておく必要があります。そうでないと、次週の授業がちんぷんかんぷんになります。
  12. 【その他】このページに書かれていないことは規約をごらんください。

20210318 note

ページ上部へ戻る