国語塾【05】指導


対面オンライン同時並行授業の詳細(別ページ)

▼ページ内リンク(目次)

  1. 指導目標(指導内容)
    1. 言語運用の「形式」における目標
    2. 言語運用の「内容」における目標
    3. カリキュラム等
  2. 指導方法
    1. 指導形態・授業の流れ
    2. 使用教材
  3. 評価
  4. その他
    1. 所持物(在籍生徒用)

1. 指導目標(指導内容)

言語運用の「形式」における目標

  • 形式の習得が、当塾の第1の目標です。「どう読むか・どう書くか・どう話すか・どう聞くか」。これが「形式」です。
  • 「国語力=論理的思考力=3つの力」を身につけさせる:読む・書く・話す・聞くという言語運用の4場面において共通して必須となる「型・技術・方法」を、手をかえ品をかえながら徹底的に身につけさせます。詳しくは国語力とは何かをご一読ください。

言語運用の「内容」における目標

  • 内容の習得が、当塾の第2の目標です(第1の目標の達成のために不可欠なものです)。「何を読むか・何を書くか・何を話すか・何を聞くか」。これが、「内容」です。
  • 語彙および知識を身につける:
    • 語彙は、特に反対語(対義語)の知識が肝要です。語彙指導の主教材として『「本当の語彙力」が身につく問題集』を用い、知識の定着を図ります。反対語は、知識の断片ではありません。反対語は、文章の骨組みそのものです。
    • 小→中→高と進むにつれて、いわゆる一般常識や、社会的・科学的・哲学的な知識の質・量が、読み書きのレベルを左右するようになります。いわゆる重大ニュースのような社会問題に関する知識はもちろん、自然科学の知識、医療関連、あるいは言語教育に関連の深いソシュール記号論及び構造主義の考え方に至るまで、幅広い知識を伝授することで、読み書きのクオリティ及びスピードを向上させます。どんな読解問題でも「知っていれば速い」のです。書くときも同じです。
  • ものの見方・考え方=「7つの観点」を身につける:これは「内容」を導き出すための「形式」であると言えます。時間の観点空間の観点自他の観点心理の観点五感の観点目的・手段の観点プラス・マイナスの観点です。詳しくは、こちらをご覧ください。

カリキュラム等

  • 特定のカリキュラム(学年単位で輪切りされた年間指導計画)は、あえて用意していません。指導計画は、個々の曜日時間帯ごとに短期的に設定し、必要に応じ随時変更を重ねていきます。
  • あえてカリキュラムを示すならば、『「本当の国語力」が身につく問題集』シリーズの目次、あるいは『22の鉄則』の目次が参考になるでしょう(下記画像参照)。こういった内容を、手をかえ品をかえ、臨機応変に指導していくわけです。
  • また、以前配信していた有料メルマガのログリストも授業内容の具体例として参考になります(有料メルマガは全て授業実録として配信していました)。いくつかをピックアップしておきます(下記画像参照)。
  • 実際の授業内容を日々記録したものを、こちらで閲覧できます。

    『高校受験[必携]ハンドブック 国語読解[完全攻略]22の鉄則』の目次(クリック/タップで拡大)

    本当の国語力が身につく問題集[小学生版ベーシック]目次(クリック/タップで拡大)

    有料メルマガログ(概要):授業実録として以前配信していたものです

2. 指導方法

指導形態・授業の流れ

  • 1授業15名までの小集団一斉指導です。いわゆるマンツーマン個別指導(終始1対1~1対2で進めるような形態の指導)は行っていません。ただし、一斉指導の授業中に最低でも1回、多ければ5回ほどの個別対応指導(個別の添削指導など)を全員に対して行います。
  • 授業の流れについて、詳しくはこちらをごらんください。また、一斉指導のメリットと個別指導のメリットについては、こちらまたはこちらをごらんください。
  • 異校種,異学年同席での指導です(時間割参照)。国語力育成のプロセスにおいて、校種・学年というものはほとんど影響しません。「形式」すなわち「どう書くか、どう読むか」を第1の目標とし、「内容」すなわち「何を書くか、何を読むか」を第2の目標とする。
    このとき、少なくとも第1の目標「形式」については、スポーツと同じく、校種・学年に関係なく技能を高めることができます。「A。しかしB。だからC」という型で文章を書くとき、小学生なら、たとえばこんな文章になります。「昨日は雨だった。しかし、今日は晴れている。だから、今日は昨日より気分がいい」。中学生なら、たとえばこんな文章。「肉体的にはまだまだ元気だった。しかし、精神的には疲労していた。だから、試合は思うような結果には至らなかった」。高校生なら、たとえばこんな文章。「価値というものは相対的である。しかし、絶対的価値というのもあるのではないか。だから、追求をやめてはいけない」。いずれも、内容こそ違えど、形式は同じ。型の学習に、校種・学年は関係ないのです。中学生になるまでは「しかし」を使わない、「だから」は高校生から勉強する、などといったことがあり得ない以上、これらは当然のことであると言えます。
    第2の目標「内容」については、ある程度、難易度の境界線があります。その意味において、特に各曜日の2コマ目は、少しずつ指導内容を変えています。
    ほんのわずかながら、「下学年の子とは一緒に勉強したくない」などという声も(入塾前の子どもたちから)聞くことがありますが、それは本質的な学習を経験したことのない人の言葉です。繰り返しますが、スポーツと同じなのです。「年下とは競いたくない」などというスポーツ選手に、強い選手はいません。下学年に負ければ悔しくなり、上学年に勝てば嬉しくなる――そんな心理的動機を生む意味でも、利点しかない形態であると断言できます。
  • 授業中の口頭問答(指導者と生徒の間での短いやりとり)は頻繁に行いますが、学校のように「生徒どうしで話し合う」「生徒の前に立たせて発表させる」というような場面は皆無です(希望者を対象に討論部なども開催:現在休止中)
  • 以下に示すように自著の市販問題集等も使用しますが、「ただ解いてマルつけ」という授業は行いません。問題集は指導者がいなくても進められるようにできています。指導者がいなければできないことを、授業では行います。そのための土台として、問題集を配付するわけです。

使用教材

  • 下記書籍類以外に、「中学入試/高校入試/大学入試」の読解問題/作文小論文課題、あるいはオリジナル教材を、随時プリント等で用います。

    使用教材(オリジナル教材完成後は、書籍の配付を大幅に減らします:多くの自著の内容が含まれる冊子になる予定)

  • 教材は全て無料で新品を配付します(入塾後1年未満で解約した場合は例外あり:参照)。「学習用データ」のページにある豊富なオリジナル教材も、全て無料です。/教材は不定期に変更することがあります。
  • オンライン生が「通塾枠を移動したことに伴い新しい教材が必要になった場合」「ノートを使い切りそうな場合」は、そのつど郵送します(原則として教材費・送料無料、ただし生徒都合による頻回の通塾枠移動の際は例外あり/海外は送料実費徴収)。ノートは(最初の1冊を含め)年2冊を上限とします。
  • 「小学生版」と書かれた問題集であっても、高校生まで幅広く用いています。その意味は、たとえば『「本当の語彙力」が身につく問題集』を実際に手にとって内容を見ていただければ一目瞭然でしょう。小学生から高校生まで幅広く確実に役立つ、本質的な語彙を体系的に集めています(「小学生版」というタイトルは、書店が棚を決めやすいようにと出版社から求められるためやむなくつけているものであり、本来は全校種全学年版なのです)。

3. 評価

  • 評価については、こちらをごらんください。

4.その他

  • 同じ曜日時間帯に複数年つづけて在籍する場合の指導内容について:たとえば小学生対象の17:30枠の場合、次のような疑問が生じます。「小5で入塾し1年が経過した後、翌年も同じ曜日の17:30枠に在籍すると、また小5レベルの基本に戻ってしまうのか?」――そのような心配は無用です。2年連続、あるいは3年連続(中高生枠では4年連続もあり得る)で同じ曜日時間帯に在籍する生徒がいるならば、そういう生徒のニーズにも適確にこたえられるよう、教材の選定を工夫します。教材は、年々変化・進化していきます。/読解の題材としての文庫・新書・問題集等も、同じ本を毎年使うとは限りません。時勢に合わせた最適な題材を選定し、与えていきます。もし同じ課題を与えることになったとしても、一度解いている生徒に対しては難易度の高い設問を別途与えるなどして、「より上」を目指せるよう配慮します。逆に、基礎を再度復習すべき生徒に対しては、あえて同じ課題を与えるというケースもあります。
  • むしろ、「やっていることはいつも同じ」であるとも言えます。題材が何であれ、当塾の指導目的はいつも、論理的思考力=「3つの力」を高めることのみです。何年通うにしても、その目的のために手をかえ品をかえつつ継続的に取り組んでいくということになります。論理的思考力(言語技術)を習得する道のりに、ゴールはありません。たとえ、小4から高3までフルに9年間通ったとしても、言語技術を習得することの奥深さ・楽しさが増すことこそあれ、これで終わりという地点に到達することはありません。ですから、同じ曜日時間帯に何年か通うということのデメリットを心配することは、まったく必要ありません。

    一人残らず全員に目を配りながら授業ができるよう、最大15名で授業を行っています。(コロナ禍前の写真です)

    書いている途中にのぞかれるのをいやがる子もいますので、そのあたりには気を配りながら進めています。(コロナ禍前の写真です)

    一斉指導中のようす。(コロナ禍前の写真です)

その他の授業中写真は、こちらにも複数掲載しています。

ページ上部へ戻る