国語塾【03】時間割


  • 1つの枠(曜日時間帯)の最大定員は15名です(対面・オンラインの合計人数)。
  • 受験するかどうかによる通塾枠の区別はありません(ただし金曜17:30のみ受験生限定)。
  • たとえば「小4、小5、小6」とあるのは、小4から小6までの複数学年を同時に指導するということです。国語は芸術やスポーツと同じ技能教科であり、学年・年齢の影響をさほど受けずに学ぶことができます(詳しくはこちら)(英語等も同じです)。
  • 能力に応じ、下限学年の1学年下でもこの枠に在籍できます。
  • 受講は週1回(100分)です。
  • 小6生は原則として1月末時点で中1対象枠(金or土の2コマめ)に移動となります。
  • 高3生は原則として1月末で退塾となります(浪人し継続する場合を除く)。
  • 授業は定刻ちょうどに始まり、定刻ちょうどに終わります。質問等がある場合は、授業後に受け付けます(任意)。
  • 年間授業回数は、41回または42回です。詳しくはカレンダーをごらんください。
  • 当塾の授業のレベルを大きく3つに分けると次のようになります。
    • 水木土17:30……基本~応用(中学受験レベル)
    • 金17:30*/金土19:40……応用(中学受験~高校受験レベル)
    • 水木19:40……より応用(大学受験レベル)
    • *金曜17:30枠について、以前は「中学受験生限定ハイレベル講座」としてきましたが、2021年7月以降、他の枠(水木土17:30)と同様の扱いとなりました。ただしこの枠は「SAPIXの6年生」等が多くなりがちであり、実質的には中学受験に即応した内容の指導が多くなります。4,5年生も以前からこの枠の対象ですが、審査時および入塾後の到達度によっては、他の曜日での受講をおすすめすることになります。

典型的な在籍パターン

在籍パターンの例(解説下記)……あくまで例であり他のパターンもたくさんあります

  • 他塾や部活等との兼ね合いで曜日変更が可能です(例:小5時は木曜で小6時は金曜…など/中高生も同様)。
  • 私立一貫校のお子様は、4,5年間に渡って継続的に通塾するケースが多くなっています。
  • 私立小中高一貫校は、たとえば横浜雙葉、湘南白百合などの生徒が多くなっています。
  • 私立中高一貫校の例は、多岐にわたります(在籍のページ参照)。
  • もちろん、国立の場合もあります。
  • 1……小4で入塾し、内部進学後も継続し、中2まで在籍。(2,3も同様)
  • 4……中1で入塾し、高1まで在籍。(5,6も同様)
  • もちろん、私立中高一貫校の高校生が入塾するケースもあります。
  • 7……小4で入塾し、小6まで在籍。(8も同様)
  • 公立小の中学受験生は、中学受験前の1月末でやめるケースと、その後も続けるケースがあります。
  • 9……小5で入塾し、中学受験で私立に進学後、中2まで在籍。
  • 10……小6で入塾し、公立中に進学後、中3まで在籍。
  • 11……中1で入塾し、中3まで在籍。
  • もちろん、公立中卒業後、他の高校に入ってから継続するケースもあります。
  • 12……高1で入塾し、高2まで在籍。(13,14も同様)

ページ上部へ戻る