7/15~18,22の授業をオンライン授業にします

2020-7-10

ふくしま国語塾 在籍のみなさま
ここ最近の感染者数急増を受けて(趣旨後述)、急きょ以下のように決定しましたので、よろしくお願い致します。

  • 7/15水~18土、7/22水の5日間の授業を、オンライン授業とします(zoom利用:同時双方向)。ご自宅にて受講してください。
    • 7/23~8/18は、既にお知らせしておりますように夏休みです(カレンダー)。
  • 操作面等で手間取ることを考慮して授業時間を10分増やすため、開始終了時刻を若干変更します(下記赤字部分)。
  • 授業実施時刻および教材

    • 7/15水 17:20~19:10 教材プリント
    • 7/15水 19:40~21:30 教材プリント(問題 1 2|答え 3
      ▼ここから、音声マイクを聞こえやすいものに切り替えました
    • 7/16木 19:40~21:30 教材プリント(問題 1 2|答え 3
    • 7/17金 17:20~19:10 教材プリント
    • 7/17金 19:40~21:30 教材プリント
      ▼ここから、音声マイクをより聞こえやすいものに切り替えました(解明
    • 7/18土 17:20~19:10 教材プリント
    • 7/18土 19:40~21:30 教材プリント(問題 1 2 3 4 5|答え 1
    • 7/22水 17:20~19:10 教材プリント(7/15の問題を含む)
    • 7/22水 19:40~21:30 教材プリント(問題 1 2|答え 3|資料 4
    • 教材プリントは事前に印刷しておいてください(メールでお伝えするユーザー名・パスワードが必要)。
    • ただし、事前に読んだり解いたりせず、印刷だけして、持っていてください。あくまで授業で解きます。
  • 対面授業と変わらない点
    • 指導内容
    • 授業料
    • 「読解問題を解く」「文章を書く」などの作業を一斉に課す場合も、「宿題(事前作業)」にはせず、授業内で行ってもらいます。
  • 対面授業と変わる点
    • オンライン環境が必須……ウェブ常時接続のパソコン*(タブレット)+マイク機能、およびプリント印刷用のプリンター
      *スマホは画面が小さくて見えにくく、かつ操作がしづらいので、おやめください。契約プランによってはパケ代が異常にかかる場合もあります)
    • 受講方法……参加URL/ミーティングID/パスワードを、前日までにメールにて通知します*原則として保護者様のアドレスに送りますが、3~5月に利用した生徒アドレスがある場合はそちらにも送る予定)メールチェックをまめに行ってください。
    • 随時配付教材……プリント教材がある場合は前日までにこのページにリンクしますので(パスワード等はメールにて通知)、必ず事前に印刷しお手元にご準備ください。
    • 発信場所……私(福嶋)も多くの場合、自宅からの発信となります。
    • 個別指導方法……できるだけ授業内で行いますが(ブレイクアウトセッション機能を利用)、操作面の都合、時間的都合等によっては、事後添削となります。
      • 答案は、短い場合はプライベートチャットで送信。長い場合や事後に送る場合は専用フォームでの送信を推奨します(記録・添削しやすいため)
        記述答案送信用フォーム
        うまくいかない場合に限り「メールに記入して直接送信」または「答案写真をメール添付で送信」してください。
      • ブレイクアウトセッション:グループの部屋を作り、その中に入っているメンバーだけがやりとりできる機能です。Aさんに個別指導する場合、Aさんをグループに入れて、そこに私が加わります。その間、他の生徒は待機してもらうことになります(実際の授業と同様、解答解説を読む、語彙力問題集を解く、などの自学自習になります)。
  •  欠席の扱い
    • なんらかの理由で当該日時に受講できない場合は通常の欠席扱いとなります(返金等はありません)。欠席時は、欠席フォームまたは通常メールにて事前にご連絡ください(体調チェックが不要のためフォーム外も可とします)
    • 受講を身構えていたにもかかわらず「機器トラブルで受講できなかった」場合に限り、「他の同内容の授業に振替」「課題への回答を送ってもらってメール添削」または「録画閲覧」等を検討可能です(録画提供はまだ試行していないため不確定)。その場合は、メールにてご一報ください。
  • その他
    • 保護者様が見学なさるのはご自由ですが、ヒントを与えたり答えを教えたりといったことはおやめください(操作面のアドバイス等は可)。
    • ノートパソコン付属のウェブカメラを使う場合、パソコンの下に台などを置くと、顔を正面から映せます。
  • 趣旨
    • 感染者数急増については、さまざまな意見があります。「積極的な集団検査の結果だからそこまで心配は要らない」「20,30代が多いため医療体制に影響は出ておらず慌てる必要はない」「緊急事態宣言には慎重であるべきだ」などなど。どれも理解できますが、市中での感染確率が上がっていることには変わりありません。
    • ご存知の通り、日々発表される感染者数というのは「2週間前」の実態を表したものであり、今現在はさらに市中感染の機会が高まっているはずです。
    • 緊急事態宣言下と違うのは、感染者数が増えていても社会活動をある程度維持しているということであり、これは言うまでもなく、感染者数が今後さらに増える要因になります。
    • そんな中、塾のようにオンライン化しやすい環境にある業態では、積極的に(要請されなくても)自粛することが必要と考えます。
    • まして当塾は広範囲から生徒が通っており(2割強が東京在住)、電車通塾の生徒がほとんどです。夜の通塾が帰宅ラッシュに重なる生徒もおり、生徒の感染機会を増やすことになってしまっています。
    • わずか5日間のことではありますが、その間に感染したら悔やみきれませんから、早く手を打つことにしました。
    • 8月下旬以降もおそらくはオンラインのままになろうかと思いますが、それについてはまたあらためてご連絡します。
  • 更新情報
    • 07/12 スマホは避けるよう記載/教材プリントをリンク
    • 07/10 04:00 UP

ページ上部へ戻る