同時双方向オンライン授業開始を検討中!!

2020-6-1

以下、ツイート転載(一部修正済み)(20/06/01)

  • 今後はやはり、同時双方向オンライン授業を検討せねばなるまい。。でないと、微熱があっても「行きなさい」「行きたい」というような状況が生まれやすくなる。
  • 当塾はほぼ毎授業、全生徒に記述添削指導を行うため、他教科とくらべて難しい点もあり、正直これまで敬遠してきたところがあるが。やれば意外とできるかもしれん。
  • それがうまくできれば、全国にいるふくしま式の読者には明らかに朗報だろう。もちろん人数には限りがあるが、距離を理由に入塾できなかった人たちが「入塾」できることになる。
  • これまで私は、家庭学習は「真のアクティブラーニング(能動的学習)」のチャンスであり、そこに時間指定のオンライン授業を持ち込むのは不自然だと思ってきたし、今も根本的にはそう思っている。が。しかし、だ。
  • 先週再開した対面授業の場で子どもたちに、2ヶ月近くの間提供してきた動画をちゃんと見たのか毎授業たずねたところ、微妙な結果であった。見てない子が予想以上にいた。見たのかもしれないが頭に入っていない、という子も散見。やはり甘かった。(もちろん、ちゃんとやってた子が大多数ではあったけど!)
  • 本来塾は積極教育の場であり、その塾に金を払って指導を請うている以上、たとえ家庭に「踏み込む」形になったとしても、時間指定で同時双方向オンライン授業をやってあげたほうが、子どもにも親にも実のところありがたいんだろう、というのは、分かっていたこと。
  • てなわけで。方向転換しよう。執筆も多忙ではあるが、もしかすると1ヶ月もしないうちにやってくるかもしれない第二波のためにも、さっさと同時双方向オンライン授業を成立させよう。
  • ただし、デバイス不足などさまざまな事情の人がいるわけで、動画のほうがいいという人もいるだろうから、それも制作は続けたい……けどね。理想は。無理だろうね。しばらくは。こっちの身は1つなので。

ページ上部へ戻る