[2-2]映像授業(趣旨:2月公開)


ページ外リンク:


  • 当塾では、新型コロナウイルスに関連する対応として、下記3週間の授業を映像授業で代替することにしました(蔓延の状況によっては第4週および4月も継続となる可能性がありますが、現時点では未定)。

    • 3月第1週(4,5,6,7)

    • 3月第2週(11,12,13,14)

    • 3月第3週(18,19,20,21)

  • 映像授業の実施期間中、教室における対面授業は一切行いません。

  • 授業料の変動はありません。

  • 映像授業の基本は、「映像視聴+添削」となります。内容・進め方等、詳細については、こちらをごらんください。

  • 趣旨・理由について
    • 2/27午後6時過ぎ、新型コロナ対策本部(安倍総理)から、「3/2から全国すべての小・中・高校等について、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する」旨、発表がありました。「多くの子どもたちや教員が日常的に長時間集まることによる大規模な感染リスクにあらかじめ備える」とのことです。これを受けて、国公立学校は当然のこと、私立学校であってもほとんどの場合は追随し、休校になるはずです。
    • むろん、当塾は学校とは違い小規模な塾であり、平均して1授業10名ほどで授業しているため、少なくとも教室内においては、マスク着用や手洗い消毒の徹底、および有症ケースでの欠席等の対処によって、感染をさほど気にしないで済む形で授業を継続することも可能です。
    • しかし、全国一律で休校という苦渋の決断に踏み切る学校側の努力を、塾がかき乱すことは避けたいところです。
      経産省を通じて学習塾にも休業を要請(2.29読売朝刊)
    • 当塾は小規模とはいえ、かなりの広範囲から生徒が集まっているので、その分、感染拡大に影響する可能性も増します。
    • さらに言えば、当塾の生徒の7割は電車通塾であり(2割は自動車、1割は徒歩等)、電車内での感染リスクが増えることは否定できません。特に、夕方以降の下り列車(特に平日)は帰宅ラッシュに重なるため、満員状態になることも当然あります。普段、電車で登下校している私立の生徒のみなさんも、1日に複数回そういったリスクに晒されるのは歓迎できないものと思います。
    • ともあれ、社会があらゆる活動を最小限に抑えようとしているこうした流れに当塾が逆らうべきである理由を、私は思いつきません。
    • 公益社団法人 全国学習塾協会からも、対面授業を控えるよう通知が出ました。
      学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策の指針(第2報)
    • ただし、一方で、当塾での対面授業をこそ期待しているという方々の期待にも、お応えせねばなりません。小中高問わず、受験まであと1年を切った生徒さんもかなりいます。ですから、社会における一斉自粛がひとまず解けると思われる3月第4週からは、授業を再開する予定にしています。
    • 言うまでもなく、感染はそのあとにこそ増えていきます。4,5,6月頃は、まだまだ感染者が多い状況が続くのではないかと思います。しかし、その時期になったら、あとは季節性インフルエンザと同様、つきあっていくしかないでしょう(医療体制も少しずつ整っていくはずです)。4月以降は、いま現在と同様、マスク、手指洗浄、有症ケースでの欠席を徹底していただきながら、授業を行っていくしかありません。なお、4月以降も、欠席者のため(新型コロナ起因の欠席は長期に及ぶ場合もあるため)、別途、映像授業を単体で用意していく可能性もあります(現状未定)。
    • もちろん、感染拡大抑制が失敗し、大流行を迎える可能性もありますので、その場合は映像授業を継続していくことになります。
    • なお、私自身も感染する可能性が当然ありますので、映像授業とはいえ、常に同じペースで映像のUPや添削返信を行っていけるとは限りません。もし感染・入院といった状態になってしまった場合、相応の補償は致しますのでご安心ください。
    • お子様が自宅待機となれば保護者の方々のご負担が増えるのは承知しております。しかし、やむを得ない選択です。
    • 最近ご入塾いただいたばかりの方に対しては、特に心苦しく思います。きわめて稀有な社会情勢ですので、例外としてご理解いただければ幸いです。
    • こちらもご参照ください:新型コロナウイルスへの対応について
  • 対面授業の価値と、映像授業の価値
  • 対面授業の価値
    • 生徒の反応(答案・発言からわかる理解度)に対して即座に指導の内容・方法等を変えることができる。
    • 他の生徒の答案等をその場で紹介し、生徒がそれを共有することで、理解度が向上する。
  • 映像授業の価値
    • いつでも授業を受けられる。
    • 保護者の方も一緒に受けられる。
    • 自由に一時停止でき、かつ、何度も見られる。途中で眠くなったりしても見直すことができる。
    • 自分のペースで進めることができる。

ページ上部へ戻る